開業したくて・・・・・自分の店が持ちたくて・・・・・ 気持ちばっかり一人前で全く行動できない日々が続いてます(笑) とりあえず1歩だけでも進んでみようかな?って思い ここにやってきました。
 
 
 
 
 
 
今日のイソップ童話
 
 
[2012/10/06 23:05]
 
 
セミが、高い木の上で鳴いていました。
 
キツネがそのセミを食べたいと思って

ある作戦を思いつきました。

「セミくん、きみはいい声をしていますね。
いや、本当にいい声だ。そんなにいい声で歌う方と
是非ともお友だちになりたいので
どうか降りて来てくれませんか」

 キツネの悪巧みに気づいたセミは

木の葉を一枚むしってキツネの前に落としました。
 
キツネはそれをセミだと思い、飛びついて食べてしまいました。
 
それを見たセミは

「やっぱりね。おあいにくさま。
わたしが降りて行くと思ったら、大間違いですよ」
 
騙されたキツネは言いました。

「この前はこの作戦が成功したのに。どうして
わたしがきみを食べようとしている事がわかったんだ」

 セミはそばにあるキツネのフンをさしていいました。

「だって、きみのフンの中に、セミの羽が混じっているじゃないか」

 身近な人の失敗は、わたしたちを利口にしてくれます。



スポンサーサイト

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント:
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント:投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
トラックバック
 
 
トラックバック URL
→http://oshaberisheep.blog.fc2.com/tb.php/465-2ad78dce

 
 
 
▲TOP